会社でトラブルが起こり帰りが遅くなりました。疲れていたけれど明日からはお盆休みだから気持ちの方は楽でした。いつもなら駅周辺には人混みにあふれていたけれど、今日は遅いと言うこともあって少なかった。その時、ベンチで1人の女性が泣いている姿を発見しました。何かあったのかなと思い話しかけてみると「友達と喧嘩して、そのせいで泣いていた。」と、教えてくれました。喧嘩で泣くなんて、見た目は20代前半に見える彼女に対して少し子どもっぽいなと思ってしまいました。その時私のお腹が鳴いてしまい、まだ夜ご飯を食べていないから仕方なかったけれど恥ずかしくなったけれど、その音は彼女も聞こえて笑ってくれました。
JKと援交
「食事に行くけど一緒に行く。」「はい。」ある意味ナンパみたいな感じになってしまいましたが1人でご飯を食べるのは寂しかったので彼女が付き合ってくれたのは嬉しかった。お店は居酒屋。仕事の疲れが吹っ飛ぶくらい一杯目のビールがすごく美味しかった。彼女はあまり飲めないけれどつまみを美味しそうに摘んでいました。そして、1時間はあっという間に過ぎ駅まで一緒に帰るとすると突然彼女から手を差し出しました。何と思うと「食事に付き合ったからお小遣い頂戴。」プチ援なんかした覚えもないし、ご飯もご馳走したのに何様かと思いました。お金を渡さないと大きな声を出して騒ぐとか言い出し、俺は日ごろカードで支払いをしていて手持ちの現金が1000円しか無かったのでそれを渡しましたが案の定文句を言って彼女は帰りました。プチ援した覚えはないのに最後は最悪な気持ちになり酔いも覚めてしまいました。
援デリ業者
援交デリバリー
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX